すえさんの株式投資とたまに息子と英語のブログ

一児の父が日々の株式投資・投資信託に挑戦中!息子と英語のことも書いてます。

スポンサーリンク

英語体験談

サマータイムを実施している国とそうでない国の違いは?

投稿日:

渡米して私が驚いた事と言えば、「サマータイム(夏時間)」があると聞いた事でした。そもそも日本にいると、この馴染みが全くないサマータイム(夏時間)と言う言葉ですが、国によって実施しているか実施してないかに別れているんです。少しその事について今日は触れてみたいと思います。

スポンサーリンク

サマータイムって何?

日の出時刻が早まる時期(日の長い夏の間)、時間を1時間進めて太陽の出ている時間帯を有効に利用することを目的とした制度。

アメリカでは、
デイライト・セービング (Daylight Saving Time:DST)
と呼ばれています。

太陽光(Daylight)を有効活用(Saving)する時間制度(Time)
と言う意味になるそうです。

サマータイムの期間は?

サマータイム実施期間や実施地域は国によって様々ですが、アメリカとヨーロッパのサマータイム(夏時間)の期間は以下の通りです。

【アメリカ】
3月の第2日曜日から11月の第1日曜日まで

【ヨーロッパ】
3月の最終日曜日から11月の最終日曜日まで

サマータイムの実施国

現在国連加盟国193ヵ国のうちサマータイムを実施しているのは、約62ヵ国で全加盟国の約1/3と言われています。

サマータイムを導入している国でも、国内全ての地域で実施しているわけではなく、例えばアメリカではカリフォルニア州のお隣アリゾナ州はサマータイムを実施していないため、夏にアリゾナ州を訪れる際は時計を1時間遅らせなければいけません。アメリカでは、アリゾナ州とハワイ州が実施していないようです。

日本とサマータイム

実は、日本でも1948年(昭和23年)から1951年(昭和26年)の間実施されていたようです。しかし、強制的に時間を早くするため、日没までの時間が遅くなることで残業の増加や寝不足を引き起こすなどとして不評だった為サマータイムを廃止されていました。

サマータイムの注意

stux / Pixabay

サマータイムを実施している国で実際に生活をしていると、必ずサマータイムと通常時間の切り替わり時期を把握していなければなりません!!学校や職場など、明日からサマータイムだ!と言うような会話が入ってきます。それでもうっかりして、時計の針を調整していなくて学校や職場に遅刻!なんていう事も起こり得るので注意しなければなりません。

スポンサーリンク

私がアメリカに居た時は、必ず夜寝る前に時計の針を調整し、起きたら自然に変わっているというようにしていました。

サマータイムのメリット

  • 照明の節約(明るい時間を有効に利用できる)
  • 余暇の充実(仕事後の明るい時間が増える)
  • 経済の活性化
  • 交通事故が減る
  • 犯罪発生率の低下(起きている間の暗い時間が減る)

上記の事がメリットとして取り上げられていますが、実際サマータイムになった次の日は、1時間損した気分が取れなくて、1日を過ごしてた事を記憶しています。本来ならば、朝7時なのにサマータイムになったから今は朝8時!と言うような気持ちです。やはり体が慣れるまでは数日かかっていました。

それとは、逆にサマータイムから通常時間に戻る時は、1時間遅く時計の針を戻すので得した気分間がありました。例えば、夜まで外出している際に通常時間に戻るからあと1時間お店にいれるよ!みたいな気分ですね。

まとめ

サマータイムが実施しているのと実施していないのとではどちらが良いのか?と聞かれると正直無い方が1年の間に時計の針を1時間進めたり戻したりの動作をしなくても良いからと単純に思ってしまいます。

最近日本では「月末最後の金曜日はいつもと違う豊かさを楽しむ日」と言う事で2017年2月24日からプレミアムフライデーと言うのが実施されましたが、世間では失敗と言う声が上がってきています。月末に?そして最後の金曜日に?とんでもなく難しくハードルが高い制度だと感じています。

日本がサマータイムを昔実施していたように、何も実施しないよりかは試しに実施してみると言う事は良いのかな?とも言えます。これは私1人では何とも言えませんが、結論で言いますと、サマータイムを日本が実施していなくてよかったなとアメリカから帰国した時に正直ほっとしていました。これから先また、日本がどう変わるかわかりませんがもっと良い制度が生まれて来て欲しいと願うばかりです。

本日もお読みいただきありがとうございました。

ポチッとお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ アメリカ英語へ
にほんブログ村


英会話ランキング

 

スポンサーリンク

-英語体験談


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

英語を喋れるようになる為の海外留学についての興味と実行

ここ最近では20年以上前に比べ、英語を話せる人はかなり増えている時代と言えます。それはスマホやインターネットの復旧により、より身近に会話や勉強をそれらによって簡単にできるようになったからではないかと感 …

英会話教室に通っている小さい子供達の習得方法は先生によって異なる?

子供が産まれて日本語が喋れるようになると、今の時代少し早めに自分の子供に英語を習わせた方が良いのかな?と考える親御さんがいると思います。以前にもその事で少し触れてみましたが、息子が英会話教室に3才から …

語学学校で学んだ基礎的な文法で生活に役立つ英語力を習得!

渡米後、語学学校に通い始めたらよく耳にする事が「語学学校に通い始めて数カ月たちますが英語力がついていないように思います」と言った言葉です。英語力がついているかついていないかは、人それぞれの成長の仕方が …

アメリカに語学留学して気を付けなければいけない事とは?!

アメリカに語学留学して自由の身になれたから楽しいことがいっぱい!と思われがちですが、楽しいことばかりではありません。いくつかの壁に遭遇したり、自分ではどうにもできないくらいの問題などあるかもしれません …

英語が喋れるようになる為の英会話スクールに通う興味と必要性

高校生になると、何かと進路について悩む時期でもあります。大学に進学した方が良いのか?就職した方が良いのか?自分は、○○に興味があるけれど果たしてそれを勉強して、それに関する仕事に就職しても長く続くのか …