すえさんの株式投資とたまに息子と英語のブログ

一児の父が日々の株式投資・投資信託に挑戦中!息子と英語のことも書いてます。

スポンサーリンク

英語体験談

英会話教室に通っている小さい子供達の習得方法は先生によって異なる?Part2

投稿日:

息子が英会話を習い始めてから現在までに4人のアメリカ人の先生に教わった事を以前書いたのですが、今週も英会話のクラスを覗いていて改めて子供達の成長が感じられたので少し詳しく書いてみようと思います。

スポンサーリンク

声を出して英語を発する力

アリアナ先生に変わってから今週で3回目。1・2回目は、子供達は恥ずかしがってあまり大きな声を出さずに先生が言う単語を口に出していました。3回目の今日で少し慣れてきたのか、子供達も前回よりも声の大きさが1人1人大きくなっていたのに感じました。

それはなぜでしょう?!

1人1人に先生が諦めず英語で問いかけているのです。

答えられなければ、先生が答えを発音した後それをリピートしてと伝えています。

「Hello,〇〇(生徒の名前).  How are you today?」と先生が問いかける

「…….」生徒は恥ずかしがったり、何て答えていいかわからなかったりします

「Fine, thank you」と先生が答えを言います。
それを〇〇(生徒の名前)に同じことを言わせます。

「Fine, thank you」と〇〇(生徒の名前)が言います。

「How are you, 〇〇(生徒の名前)?」と先生がもう一度言います。

「Fine, thank you」と〇〇(生徒の名前)が言えるようになります。

と、1人1人に時間を掛けてでも先生は、子供達に口で発してもらうように何度も問いかけているんです。

その後もこんな問いかけをしていました。

「What’s your name?」と先生
「My name is 〇〇(生徒の名前)」と生徒が言えるように伝える

「How old are you?」と先生
「I am 4 years old」と生徒が言えるように伝える

これを7人子供達がいるクラスで1人1人きっちり問いかけを先生がする事によって、子供達は自分の順番が来たら自分で言葉を発しなければいけないんだ!と言う力を身に付く事ができるのです。

リピートで覚える力

アリアナ先生は、子供達に何度もリピートで英語の言葉を発するようにしています。

例えば、

先生がカードを生徒に渡した時やお菓子をあげた時、生徒が何も言わなかった場合

「Say thank you」ありがとうって言って)と生徒に伝えます。

すぐに生徒は「thank you」とリピートします。

リピートする事で子供達はありがとうを自然に英語でthank youと言える力が芽生えます。

その他に、

先生がゲームを皆でスタートする前に、

「Are you ready?」準備はいい?)と生徒に聞きます。

はじめは、「….」生徒は何も言いませんでしたが、

「Yes, I am」と先生が生徒に伝えます。

すぐに生徒は「Yes,I am」とリピートします。

毎回同じ事をリピートする事で自然(体で覚える)と英語で言える力が出てきます。子供達は、大人より吸収が早いので見ているとすごいなと思わせる事がたくさんあります。

スポンサーリンク

ゲームで覚える力

英会話を習い始めてゲームで単語を覚えさせる力を行っているのが「ビンゴゲーム」です。4人全ての先生がビンゴゲームができるカードを持ってきていました。

ビンゴゲームは、全て同じではなく以下のように何種類ものゲームを楽しむ事が出来るものでした。

  • 丸、三角、四角、楕円がいろんな色の形をしているもの
  • ヨット、飛行機、電車、車など乗り物の絵と英単語があるもの
  • 耳、口、手、頭、目など体の絵と英単語があるもの

今までは、先生が英単語を口に発しながら絵のカードを皆に見せてゲームをしていましたが、結局子供達はその絵を見ながら自分の絵と比較してビンゴゲームをしていました。

でも、アリアナ先生は違いました。

生徒には、絵と英単語が描かれているビンゴカード(表)を渡します。
先生が子供達に見せるのは英単語のみ!(絵はありません)

今週は一気に子供達が戸惑いました。
なぜなら先生が持っているカードに絵がないのですから、、、
子供達はすぐに「どれ?どこ?」が始まったのです。

アリアナ先生は言いました。

「Look, alphabet!!」(アルファベットを見て!)

その後、カードの英単語のアルファベットが見ずらいと思ったのかホワイトボードにアリアナ先生は大きく英単語を書き始めました。

子供達はその後、英単語を見ながらビンゴゲームを楽しみました。

今までとは少し異なったやり方で、また子供達にとっての習得方法は違うんだと言うことがわかりました。

まとめ

日本人は人前で話たり自分の意見を強調して発表をしたりする事は、学生時代は全くありません。アメリカでは、スピーキングクラスが普通にあるので人前で堂々と話しをする事には全く抵抗がないくらいだと言われています。

息子の英会話を見てると、アリアナ先生は1人で大きな声で体全体を使って子供達の前で堂々と教えています。子供達は、とにかく恥ずかしがって1人で英単語を発するのに時間が掛かります。アリアナ先生が一生懸命、「Come on, come on」と英単語を発するように諦めず頑張ってくれているので、少しずつ子供達が心を開いて英単語を発しているなと感じられた今週の出来事でした。

本日もお読みいただきありがとうございました。

過去の関連記事はこちら↓Click here for the past articles
英会話教室に通っている小さい子供達の習得方法は先生によって異なる?
幼い頃から英語を勉強する理由は2つの選択がある?!
小さい頃から英語のある環境と英会話教室に通わせる必要性

ポチッとお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ アメリカ英語へ
にほんブログ村


英会話ランキング

スポンサーリンク

-英語体験談


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

幼い頃から英語を勉強する理由は2つの選択がある?!

息子と同じ歳くらいの親御さんと話す機会があったりして習い事の話題になった時、英語を習わせてるか?など話していた時の事です。ある親御さんが「英語を習わせたいけど、本当に喋れるようになるのか?英語ができる …

語学学校でのクラスは初級クラスからスタートした方が羨ましがられた?!

渡米後、語学学校に通う為にどのレベルのクラスに入るかは、入学時に行われるクラス分け英語テスト(Placement Test)によって決定されます。 スポンサーリンク 私は渡米前に英会話スクールには通っ …

英語の基礎となる文法語順のトレーニング方法とは?!Part4

英語の基礎となる文法語順のトレーニング方法の記事を書き始めて今回で4回目となりました。「一般動詞」と「be動詞」の説明に加え、更に「一般動詞の現在形と過去形」まで話をしてきました。なんとなくで少しでも …

小さい頃から英語のある環境と英会話教室に通わせる必要性

今日は内容をガラリと変えて、最近の英語事情に関して話をしてみたいと思います、、 約25年前くらいは、私の記憶だと中学1年生から『ABC』の授業が始まっていたと思います。 小学校では英語の授業がなかった …

アメリカに語学留学して気を付けなければいけない事とは?!

アメリカに語学留学して自由の身になれたから楽しいことがいっぱい!と思われがちですが、楽しいことばかりではありません。いくつかの壁に遭遇したり、自分ではどうにもできないくらいの問題などあるかもしれません …