すえさんの株式投資とたまに息子と英語のブログ

一児の父が日々の株式投資・投資信託に挑戦中!息子と英語のことも書いてます。

スポンサーリンク

英語体験談

英語の基礎となる文法語順のトレーニング方法とは?!Part3

投稿日:

英語を話そうとする時は、日本語で何というか初めに考えるのではなく英語の基礎とも言われるシンプルな英語の文法語順から話すようにトレーニングする事をお勧めしています。

過去の記事では、「一般動詞の肯定文・否定文」そして「be動詞」の文法語順を記載しましたが、トレーニングしてみていかがでしょうか。実際にシンプルな英語の文を口に出して言ってみたり、自分の行動を実際に言ってみるトレーニングをしてみると以外にすんなり、なんとなく「感覚」で言えるようになってくるものです。

本日は続きの「英語の基礎となる文法語順のトレーニング方法Part3」を記載したいと思います。

スポンサーリンク

文法語順トレーニング:一般動詞の過去形

以前記事に記載した「一般動詞」のおさらいを簡単にしてみましょう。

一般動詞(現在形)

「一般動詞」とは、主語がどのような動きをしたか表します

【肯定文】
I    work    私は仕事します
S    V      

【否定文】
I    don’t    work    私は仕事しません
   否定文   V  

More Examples:もっと例文を言ってみましょう
I walk.  I don’t walk.
I run.  I don’t run.
I wash.  I don’t wash.
I like.  I don’t like.
I hate.  I don’t hate.
I sleep.  I don’t sleep.

シンプルトレーニングで一般動詞の肯定文と否定文を続けて載せてみました。動詞は全て中学校で習得されているであろう動詞を使ってみました。なんとなくの感覚でこのように使ってみてください。

一般動詞(過去形)

今までは一般動詞の現在形「~する」と言うトレーニングをしてきました。言語には、必ず「現在」の文章があるならば「過去」の文章も存在しています。

過去の事を表すには、動詞だけを「過去形」に変形させるだけです

【現在形】
I    work    私は仕事します
S    V    

【過去形】
I    worked    私は仕事をした
S    V  

現在形の文を過去形の文に変形するには、一般動詞「work」の最後に「ed」をつけて、過去形の「worked」にします。

例えば、

スポンサーリンク

I    played    私は遊びをした
S    V 

I    used    私は使いました 
S    V ⇒ 語尾がeで終わるものはdのみつける
I    lived    私は住んでいました
S    V
I    studied    私は勉強しました 

S    V ⇒ 子音字+yで終わっているものはyiに変えてedをつける
I    stopped    私は止まっ
S    V ⇒ 短母音+子音字で終わっているものは最後の子音字を重ねてedをつける

過去形の文を使う時には、過去を表す単語がよく使われているので一緒に覚えておくとよいでしょう。

yesterday 昨日
last night 昨夜
last week 先週
last year 去年
two days ago 2日前
two years ago 2年前

例えば、

I    played   soccer   yesterday.   私は昨日サッカー(遊び)をした。
I    studied  last  night. 私は昨日勉強しました。

More examples:
I learned English two days ago. 私は2日前に英語を学びました。
I lived in America last year. 私は去年アメリカに住んでいました。
I studied English last night. 私は昨夜英語を勉強しました。

 まとめ

本日の新しいトレーニングは「一般動詞の過去形」について書いてみましたが、過去(past)の話をしたい時は、動詞に「ed」をつけてみてください。少しだけ入り組んだ動詞の変形方法もありますが、「ed」を付けるだけでなんとなくの過去の文章ができあがります。

実はまだまだこの一般動詞の過去形には細かい部分が隠されています。でも一度に記載してしまうと、何が何だかわからなくなってしまう可能性もあるので、少しずつゆっくりですがなんとなくの「感覚」で覚えていってもらえたらなと考えております。

過去の記事はこちら↓Click here for the past articles
英語の基礎となる文法語順のトレーニング方法とは?!Part2
英語の基礎となる文法語順のトレーニング方法とは?!

ポチッとお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ アメリカ英語へ
にほんブログ村


英会話ランキング

本日も長々とお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

-英語体験談


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

英語の文法で混乱しやすい3人称単数がどういうものを表すのか?

英語を勉強や話すうえで、理解しておかなければいけない「3人称単数」がどう表す事なのか。この疑問は、結構中学生からの質問で多いと言われています。そこで、今日は簡単に覚えられるように記載したいと思います。 …

小さい頃から英語のある環境と英会話教室に通わせる必要性

今日は内容をガラリと変えて、最近の英語事情に関して話をしてみたいと思います、、 約25年前くらいは、私の記憶だと中学1年生から『ABC』の授業が始まっていたと思います。 小学校では英語の授業がなかった …

英語の基礎となる文法語順のトレーニング方法とは?!

英語の基礎となる「文法語順」が喋れるように近づくポイントとして以前記事に記載しましたが、それらを元に実際に基礎を身に付けるトレーニングをすると効果が表れてくると考えられます。 スポンサーリンク 私が渡 …

アメリカ人がよく言う気になる英語のフレーズをご紹介!!

英語の基礎となるSV型(Subject 主語とVerv 動詞)のトレーニングについて、前回の記事に記載しましたが効果は実際に口に出して話す練習をした方が効果が出てくると思います。 簡単に復習してみまし …

英語の基礎となる文法語順のトレーニング方法とは?!Part4

英語の基礎となる文法語順のトレーニング方法の記事を書き始めて今回で4回目となりました。「一般動詞」と「be動詞」の説明に加え、更に「一般動詞の現在形と過去形」まで話をしてきました。なんとなくで少しでも …