すえさんの株式投資とたまに息子と英語のブログ

一児の父が日々の株式投資・投資信託に挑戦中!息子と英語のことも書いてます。

スポンサーリンク

英語体験談

アメリカでの海水浴の過ごし方は日本と違って様々?!

投稿日:2017-05-28 更新日:

最近日本では強い日差しが強く段々と暑くなり、夏が近づいてきてるなと感じる今日この頃。今日は、久々に息子とプールに行って泳いできました。

プールの加温に隣接する清掃工場の廃熱を利用している施設なのですが、こういったプールの施設は日本には多々あるにもかかわらず、そう言えば私が渡米中、あまりプールに入った記憶がなかったので、アメリカにいた時どう言うふうに夏を過ごしていたのか少し思い出してみました。

スポンサーリンク

アメリカのプールとは?

アメリカでは、プールと言えば寮や賃貸のアパートに必ずと言っていい程プールがついていました。アメリカ国内に旅行へ行った先にも、どんなに小さなホテルやモーテルでもプールがついていると言う環境であったのを覚えています。

日本のプールのように混雑というイメージはなく、入りたいときに入れたので全くと言っていい程いつもガラガラでした。夜に入っている人も少なくはありませんでした。

大きいプールと言うと、ロサンゼルス郊外から車で約30分の所にあるサンディーマス(San Dimas)に位置するカリフォルニア最大のウォーターパークがあります。その名も「レイジング・ウォーターズ Raging Waters, San Dimas」。

36種類もの最新ライドやスライド、人口ビーチなどがあるそうですが、残念ながら私は滞在中一度も行ったことがありません。

日本には無い体験がたくさんできるようなので、次回旅行でアメリカに行った際には是非行ってみたい場所でもあります。

アメリカでの海水浴の過ごし方とは?

渡米中は、アメリカ西海岸ロサンゼルスに滞在していた期間もありました。ロサンゼルスがあるカリフォルニア州はアメリカでも温暖なエリアとしていて、海にも面しているうえに年中暖かい気候でした。とは言っても、冬の季節はさすがに海の水が冷たいのでビーチで遊泳している人はあまり見かけなかったなと記憶しています。

日本では、「海に行く」と言うと弁当持参して、テントや敷物、簡易椅子を持ってビーチに行きます。または、海の家を有料で借りて過ごします。

そして、ビーチの過ごし方は泳ぐ砂遊びだと思います。

しかしアメリカ西海岸ロサンゼルス近辺のビーチではもっと様々な楽しみ方があり、ビーチでの人々の過ごし方は人それぞれ多種多様です。

例えば、
ビーチで寝っ転がって本を読んでリラックスする人
日焼けする為にのんびり寝っ転がっている人
汗を流しながらランニングする人
ビーチでビーチバレーを楽しむ人
のんびりとビーチ沿いを歩く人
など私が思うに、日本のように泳ぐための海というイメージはあまりありません。

小さな子供がいる場合は、砂遊びをしているのを若干見かけましたが、浮き輪を持って海で泳ぐと言う光景はあまり見かけませんでした。

アメリカ西海岸のビーチでは、皆海ではなくビーチで遊んでいるイメージの方が強かったです。

アメリカのビーチへ行く時のマナーとは?

私がアメリカ西海岸ロサンゼルス近辺のビーチ(Venice Beach ベニスビーチ)へ行った時一番驚いた事と言えば、アメリカには敷物と言うのが存在していない事でした。日本では、ピクニックやプール、海などに行く時には必ず茣蓙や敷物を持参するのが普通でしたが、アメリカではその茣蓙や敷物が無いんです。

スポンサーリンク

皆ビーチで寝転がる時は、大きめのバスタオルを使用しているんです!もちろん、簡易テントを使用している人はいません!!
いたらおかしいです(笑)パラソルを使用している人は若干いたかもしれません。

そもそも日本で存在する簡易テント自体、アメリカで売っているのを見かけたことありません。恐らくテント=キャンプのイメージでしょう。

他にもアメリカではなんと!公共の場での飲酒は禁止!!です。なので綺麗なビーチが広がっているのを見て、癒されながらビールでも飲みたい!気分になるかと思いますが、ビーチでの飲酒はもちろん禁止です!!かなり衝撃的でした。

ビーチ沿いにあるレストラン内では飲酒は可能ですが、アメリカでは飲酒は21歳を過ぎてからになります。

日本では20歳を過ぎればお酒を楽しむ事ができるが、アメリカでは21歳からなのでお酒を注文する時やバーに入る時は必ず写真付きID(証明書)の提示が必要になります。

次に衝撃的な出来事と言えば、

アメリカでは花火(fireworks)をする事が基本禁止!!
なのです。

花火は危険物として認識しているようなので記載されているようです。花火全面禁止の州が4つ(ニュージャージ州、ニューヨーク州、デラウェア州、マサチューセッツ州)。その他の州は、いろいろと規制はあるようですがルールにしたがって花火ができるようです。

私が滞在していたカリフォルニア州は、7月4日独立記念日(Independence Day)の前後に販売が許可されているようです。

もちろん販売も購入も年齢制限があり、販売できる市も限られているのでどこにでも買えるわけではありません。

私も実際に渡米中は、一度も花火が売られているお店など一度たりも見たことはありませんでした。

アメリカで花火の規制がある理由
・火災の危険
・銃声と混同される治安上の問題
・分解すると爆弾の材料になる危険
・無秩序に花火でバカ騒ぎをされるのを防止したい
などの判断が過去の経験で制限されたと言われています。

日本では当たり前の様に出来る事が、いくら「アメリカは自由の国」と言われていても、こういった様々な問題が過去にあったからこそ、規制が厳しくなってきているのだろうと感じます。

まとめ

アメリカ西海岸にあるロサンゼルス滞在中は、数えきれない程沢山のビーチがあったので、ここのビーチではランチをしよう。ここのビーチではショッピングを楽しもうなど、それぞれの雰囲気が異なるため、その日の気分で行きたいビーチへ行けたと言う贅沢な環境でした。

滞在中ロサンゼルス周辺で私が行ったことあるビーチは7カ所でした。
サンタモニカビーチ Santa Monica Beach
ベニスビーチ Venice Beach
マンハッタンビーチ Manhattan Beach
ハモサビーチ Hermosa Beach
レドンドビーチ Redondo Beach
ハンティントンビーチ Huntington Beach
ラグナビーチ Laguna Beach
※上から下は、カリフォルニア州ロサンゼルスの北から南の順です

南方へ行けば行くほどサーファーには人気のエリアだと言われています。残念ながら私はサーフィンをしないので、詳しくはわかりませんが南方のビーチに行った際はたくさんのサーファーを見たのを覚えています。

日本にいても海や砂浜が綺麗な場所はたくさんあります。

遊び方はアメリカと日本は少し違うかもしれませんが、共通しているのは海を見たり、海辺でゆったりすると気分が開放的になり心が落ち着きますよね。

日本もこれから梅雨が来て暑い夏が来ます。毎年海や川などの事故が発生しているので、気を付けて今年も楽しい夏を過ごしましょう!

ポチッとお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ アメリカ英語へ
にほんブログ村


英会話ランキング

本日も長々とお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

-英語体験談


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

英語が喋れるようになる為の英会話スクールに通う興味と必要性

高校生になると、何かと進路について悩む時期でもあります。大学に進学した方が良いのか?就職した方が良いのか?自分は、○○に興味があるけれど果たしてそれを勉強して、それに関する仕事に就職しても長く続くのか …

英語の基礎となる文法語順のトレーニング方法とは?!Part4

英語の基礎となる文法語順のトレーニング方法の記事を書き始めて今回で4回目となりました。「一般動詞」と「be動詞」の説明に加え、更に「一般動詞の現在形と過去形」まで話をしてきました。なんとなくで少しでも …

英語・英会話を習得勉強法の選択は人それぞれ違う

  よく「英会話を習っている」と言う話になると、その次の会話に出てくるのが、「日本人の先生?それとも外国人の先生から習っているのか?」と言うような話になります。 スポンサーリンク それは人そ …

小さい頃から英語のある環境と英会話教室に通わせる必要性

今日は内容をガラリと変えて、最近の英語事情に関して話をしてみたいと思います、、 約25年前くらいは、私の記憶だと中学1年生から『ABC』の授業が始まっていたと思います。 小学校では英語の授業がなかった …

ファーストフード大国アメリカ!有名ハンバーガーチェーン店をまとめてみました!

アメリカと想像すると「ハンバーガーが大きい!」など答える人は少なくないはず。日本よりも非常に多くのファーストフード店があるアメリカ。世界でも有名な大手ファーストフード店から、日本では聞いた事のない店名 …