すえさんの株式投資とたまに息子と英語のブログ

一児の父が日々の株式投資・投資信託に挑戦中!息子と英語のことも書いてます。

スポンサーリンク

知っておきたい株式用語

株式投資をするなら株式用語をすこしずつ学ぶ、信用取引に関する用語編

投稿日:

 信用取引とは自分が持つ資金よりも多くの資金を扱っての取引となります。そのためリスクは伴いますが、その分うまくいったときの利益も大きいです。どちらかといえば中・上級者向けの取引となりますが、ここぞというときもあるかと思います。 知っておいた方が良いのは間違いないので、信用取引について注意すべき点も含めて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

では始めましょう!

信用取引とは

信用取引とは、証券会社から自分を信用してもらうことで通常の資本の約3倍までの資金を使わせてもらえる取引のことを指します。信用取引にはいくつか特徴があります。
例えば、
資金(元手)50万の場合・・・信用取引をすれば150万(元手の3倍)使用可能。
信用取引で150万使って10%の利益を出した場合は、15万円がそのまま利益として入ります。

つまり実際の資金が50万円→65万円になるということです。

資金が増えれば信用取引で使える額もまた増えます。(65万円×3=195万円)

信用取引で損をした場合もそのまま元の資金から削られてしまいます。信用取引で150万円使ってマイナス10%の損失を出した場合は、15万円がそのまま元手の50万円から引かれて35万円になるということですまさにハイリスク・ハイリターンの取引方法となります。
他にも信用取引ならではな縛りも多く、使用する際は注意が必要です。

空売りとは

空売りとは信用取引においての手法の1つであり、株価が下がっても利益を出すことのできる手法の1つです。どうやって利益を出すのかと言いますと空売りの場合、その株を持っていなくても証券会社から株式を借りて売ることができます。そしてその後売った金額より安く買い戻すことで、その差額を利益にすることができるというものです。 

通常の売買と比べてテクニックが必要な分リスクも伴いますが、下がっているときにも利益を出せるのでそれだけ短期間で利益が出しやすくなるということはメリットの一つでもあります。

貸株とは

貸株とは簡単にいうと、自分で買った株を貸すということです。どうやって利益を出すかというと、「金利となります。「じゃぁ貸株ってとても得なのでは?」と思うかもしれませんが、メリットとデメリットが存在します。

【メリット】
金利分の利益をもらうことができる「配当金ももらえる」「通常通り株主優待券ももらえる」つまり通常の株を持っているよりも金利分、多くメリットがあります。

【デメリット】
会社員の場合は、確定申告が必要になるかもしれません。
配当金がもらえなくなる可能性があります。
証券会社が経営破綻した場合に、保証してもらえません。

貸株制度の利用は上級者向けの方法です。しっかりと状況を判断してから行いましよう。

スポンサーリンク

制度信用/一般信用取引とは

制度信用と一般信用取引はどれも信用取引の中の1つです。どういった違いがあるのでしょうか。

【一般信用取引】
一般信用取引は、投資家と証券会社が契約を結んで行う取引方法です。投資家は証券会社から資金を借りることができる代わりに、金利分上乗せして返すという仕組みです。

イメージとしては「借金」をするという感じでしょうか。ちなみに金利の返済期限などは投資家個人が証券会社と相談することがでほぼ無期限となります。
但し、金利が大切です。各証券会社の金利を確認しましょう。

【制度信用取引】
制度信用取引の場合は、決められた銘柄に対して取引する形となります。特定の銘柄であれば持っている資金以上の株式を買うことができます。

 一般信用取引と比べて金利は低い場合が多いですが、返済期限は6か月と決まっています。

 

追証とは

追証とは信用取引で買っている株式がある一定比率を超えて下がった場合に(もしくは損失を被っている場合)一定期間以内に追加の資金を投入しなければいけないという制度です。もし期日までに追加できなかった場合には、自動的に持っている株が売られてしまうので信用取引の最中であれば大きな損失を出すことになります。

追証を知らないで信用取引をする方は少なくないです。注意しておきましょう。

つなぎ売りとは

つなぎ売りとは、持っている株式が下落した場合に、それと同じ銘柄の株式を同じ株数空売りすることで損益をなくすという手法です。つなぎ売りを続ける限り、現時点の利益は固定されるということです。
そして自分自身で株価がこれから上がるであろう、もしくは空売りの方で利益を出せると判断できるタイミングがあれば、つなぎ売りを終わらせれば良いのです。

臨機応変な対応ができる分、テクニカルな方法でもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。株式取引は安く買って高く売る以外にも様々な方法で利益を出せることが分かったかと思います。しかしくれぐれも慎重に行動するようにしましょう。安定して利益を出せるようになるためには多くの場合、自分なりのロジックを確立しなければなりません。

私は十数年、株式市場に長くいますが信用取引をできるだけ避けて現物取引のみでの取引を基本としています。

もし、信用取引に取り組むようでしたら、
第一、感情的にならない。
第二、自分で決めたルールを守る。
第三、早め早めに投資判断をする。
が大切かもしれません。

株式取引は自分で判断するのである意味では経営者とやっていることが似ているかもしれませんね。

よろしかったらポチッと押して頂けたら励みになります。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

サラリーマン投資家ランキング

ありがとうございました。

スポンサーリンク

-知っておきたい株式用語

関連記事

株式投資をするなら株式用語を少しずつ学ぶ、株式会社編

株式会社という言葉はほとんど毎日のように使われていますが、意外と社会人でも意味をしっかり理解している人は少なかったりします。なんとなくはわかっていても説明してと言われたらどうでしょう。これはビジネスマ …

株式投資をするなら株式用語を少しずつ学ぶ、株取引売買編

みなさん、株取引について経験はありますでしょうか。なんとなくわかっている人はいても具体的にどのような仕組みになっているのかわかっていない場合が大半かと思います。 一昔前までは株は大人や年配の方がやるイ …

株式投資をするなら株式用語を少しずつ学ぶ、企業分析に関する用語編

企業分析をする際に必ず必要となってくる用語をまとめました。コンサルタントという仕事でもなければ聞いたことないような言葉かもしれませんが、どの業種にも当てはまることです。是非とも参考にしていただければと …

株式投資をするなら株式用語を少しずつ学ぶ。 

株投資をされてる方や既にされてる方も基本用語を学びましょう。少しでも長く市場にいてリスクを回避しましょう。 スポンサーリンク 関連

株式投資をするなら株式用語を少しずつ学ぶ、株の種類編

株を始めるにあたって知っておかなければいけない用語は多々ありますが、その中でも最低限知っておくべき用語をまとめみました。これらの用語を把握することができればより一層考えの幅が広がるかと思います。少しで …

検索アドセンス

ライザップ自宅

A8 

株式投資の勉強をするならおすすめ!

たった35日で私の子供が英語を話し始めた!世界の七田式英語教材7+BILINGUAL【七田式】(17-0221)

子供の英語教材七田式!

amzon

アーカイブ