すえさんの株式投資とたまに息子と英語のブログ

一児の父が日々の株式投資・投資信託に挑戦中!息子と英語のことも書いてます。

スポンサーリンク

英語体験談

渡米中に英語を習得する為には環境と友達が最重要!

投稿日:

海外留学する為に渡米したらすぐに英語が喋れるようになりました!と言うのは、正直あまり聞いた事がありません。数日間で英語を習得してペラペラになったと言う人がいたとしたら、逆にどのようにして習得したのか聞いてみたいくらいです。

渡米後の英語習得方法は、本当に人それぞれだと思っています。なぜかと言うと、何十年在米していても全く英語を喋れない!と言う人もいれば、渡米後すぐに現地の友達ができてずっと一緒に生活していたら英語がすぐ喋れるようになったと言う人もいるからです。

そこで今日は、渡米後の「英語習得する為の方法は人それぞれ」だと言う事を私の経験した中での話をしたいと思います。

スポンサーリンク

異国の環境

日本で生まれてから10年以上もそこで育っているのですから、突然異国へ住むとなるとまず環境の変化に驚く事がたくさんあります。アメリカに渡米してからは、英語を習得すると言うよりも、まず自分自身その国の環境に慣れる事が必要とされていました。

  • 多種多様な人種
  • 生活方法
  • 食べ物

これらを慣れるのに数日、いや人によっては1カ月以上かかる人もいるでしょう。住んでみて自分には合わないと思う人や、住みやすくて環境も食べ物も大好きとなる人もいると思います。

多種多様な人種

最近では、25年以上前よりも他国から来た外国人が日本へ在留する人々が増加していると言われています。日本の町へ歩いていてもいろいろな国の人を見る事が増えたので、さほど外国人を見かけても驚くなどしなくなったと思います。

アメリカは、日本よりも数倍も多種多様な人種が住んでいると言われています。

人種割合で言うと、
白人74%
ヒスパニック14.8%
黒人13.5%
アジア人4.4%(日本人、中国人・韓国人・インド人・ベトナム人・フィリピン人など
ネイティブアメリカン0.8%(アメリカ原住民、インディアン)

2種の人種以上の人口比率が顕著な州はアメリカ西部と南部に集中しているようです。

これだけ多種多様な人種が住んでいるアメリカなので、自分以外にもそれぞれの考え方や行動など人種によっても異なるものだと感じる事ができます。

生活方法

アメリカと日本での大きな違いは、アメリカではチップの制度があると言う事です。
初めは、どの場所でどのくらいのチップを渡したら良いのかと葛藤する日々でした。チップを渡さなくても良いかと思って、渡さず帰ろうとすると店員からチップを要求されると言うこともありました。

他には、洗濯したものを外に干すと言う習慣がないので、洗濯した後はすぐ乾燥機に入れて全て乾燥機で乾かしてしまうと言う習慣。ゴミの分別も一切ないので、例えばパソコンを捨てたいときは燃えるゴミと一緒に指定のごみ箱に捨ててしまうと言う衝撃的なゴミの捨て方。

ガソリンスタンドは、全てセルフで行わなければいけない習慣(現在日本でも多くなってきました)。スーパーでの買い物時、野菜や果物は全て袋に入っておらずそのままの状態で置いてある事(自分で必要な分だけ取る)。

数しれない程生活する上で日本とは異なる事がたくさんありました。若干慣れるまで1カ月程かかったかもしれませんが、自分が異国で住む上で生活に慣れると言うことは非常に大事な事だと思います。

食べ物

生きていく上で最も重要なのが食べ物です。これは、物によって口にする事ができるものやできないものは必ず人によってはあると思います。アメリカに住んで、数日たった後にまず一番恋しくなった食べ物と言えば、「味噌汁」でした(笑)

アメリカでの食べ物と思い浮かべるとステーキやピザ、ハンバーガー、フライドポテトと言う印象で、魚のイメージは全く出てきません。幸いにも私は肉が大好きでしたので、食べ物に関しては全く困る事がなく生活できていました。

スポンサーリンク

現在は、「日本食」が世界中で広まり、健康食として大変人気だとテレビやニュースで耳にする事があります。25年以上前は、アメリカで日本食レストランや日本のスーパーマーケットを見かける事は極わずかでしたが、現在はどこにでも日本食材を購入できる場所やレストランを見かける事ができるようです。

食べ物はその国で生活する上で最も重要であり、慣れる為にもその国の代表的な食べ物などを食べると言う事も必要性はあると私は思います。

友達の環境


渡米後すぐにアメリカ人(白人)の友達ができた!なんて言うのは、本当に素晴らしい事だと私は思います。そのアメリカ人は、きっと日本に興味のある人や食べ物か何かに興味がある人なのかな?と思ってしまいます。

渡米したら、
・寮に住む
ホームステイ
アパートを借りる
かと3択になると思います。
どの選択になるかによって、英語に慣れていくのにそれぞれ異なる可能性はあります。

【寮】
学生寮だと自分と同じ年齢くらいの現地学生と友達になる可能性はあるが、英語があまり話す事ができない、また消極的だと現地学生と友達になるには難しいです。「できたらラッキー」「できなかったら努力するか」「ホームステイ」に変更するかした方が良いかもしれません。

【ホームステイ】
ホストファザーやマザー、そしてその息子や娘とたくさん英語を話す機会がもてます。この時も消極的になって、何も話そうとしなければ意味がありません。
片言でも何でも良いので話そうとしている意思をすると、相手もわかろうとしてくれわかってくれると思います。ただし、ホームステイも当たり外れなどもあるようですので、その時になってみないとわからない事もあるようです。

【アパートを借りる(シェアー)】
1人で借りたり、シェアーでハウスやアパートを借りたりする事もできます。シェアーハウスやアパートを選んで、一緒に住む人がアメリカ人だったらラッキー。でもその人が自分に興味を持ち、片言の英語でも理解してくれる人だったらの話です。こちらもかなりリスクがありますが、挑戦してみるのもよいと思います。

まず住む場所での環境によって、友達ができるかできないか?もしくは、話す機会ができるかできないかによっても英語を習得するのに関わってくると思います。

寮に住んでいてアメリカ人の友達と巡り合うことができず、
英語を話す機会が無い人
ホームステイでホストファザーとマザーが英語を話す機会がある人
では、英語の上達がはっきり異なる事が言えます。

まとめ

あくまでも私の経験した事を元に記載していますが、環境によって英語の上達の仕方は左右されると言うことを実感しています。
元々、英語が得意でテストの点数が良く、英単語もたくさん覚えたので知っていると言っても、実際は話せなきゃ意味がないのです。

英語を喋れるように近づく為には、
決して恥ずかしがらず英語を話そうとする行動。

だと思います。自分自ら行動をしなければ、異国での環境も慣れる事もできません。アメリカ人の友達を作る事もできません。

全ては「行動」にあると私は経験した中で一番思います。
渡米する事も立派な行動力があるとは思いますが、渡米後はそこからが自分にとって英語への挑戦のスタートとなるのです。

英語への挑戦、続きはまた次回記載したいと思います。

ポチッとお願いします。

にほんブログ村 英語ブログ アメリカ英語へ
にほんブログ村

本日もお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

-英語体験談


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

英語・英会話を習得勉強法の選択は人それぞれ違う

  よく「英会話を習っている」と言う話になると、その次の会話に出てくるのが、「日本人の先生?それとも外国人の先生から習っているのか?」と言うような話になります。 スポンサーリンク それは人そ …

英会話教室に通っている小さい子供達の習得方法は先生によって異なる?Part2

息子が英会話を習い始めてから現在までに4人のアメリカ人の先生に教わった事を以前書いたのですが、今週も英会話のクラスを覗いていて改めて子供達の成長が感じられたので少し詳しく書いてみようと思います。 スポ …

英語の基礎となる文法語順のトレーニング方法とは?!

英語の基礎となる「文法語順」が喋れるように近づくポイントとして以前記事に記載しましたが、それらを元に実際に基礎を身に付けるトレーニングをすると効果が表れてくると考えられます。 スポンサーリンク 私が渡 …

語学学校で学んだ基礎的な文法で生活に役立つ英語力を習得!

渡米後、語学学校に通い始めたらよく耳にする事が「語学学校に通い始めて数カ月たちますが英語力がついていないように思います」と言った言葉です。英語力がついているかついていないかは、人それぞれの成長の仕方が …

ファーストフード大国アメリカ!有名ハンバーガーチェーン店をまとめてみました!

アメリカと想像すると「ハンバーガーが大きい!」など答える人は少なくないはず。日本よりも非常に多くのファーストフード店があるアメリカ。世界でも有名な大手ファーストフード店から、日本では聞いた事のない店名 …