すえさんの株式投資とたまに息子と英語のブログ

一児の父が日々の株式投資・投資信託に挑戦中!息子と英語のことも書いてます。

スポンサーリンク

知っておきたい株式用語

株式投資をするなら株式用語を少しずつ学ぶ、企業分析に関する用語編

投稿日:2017-05-06 更新日:

企業分析をする際に必ず必要となってくる用語をまとめました。コンサルタントという仕事でもなければ聞いたことないような言葉かもしれませんが、どの業種にも当てはまることです。是非とも参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

ファンダメンタルズ分析とは

ファンダメンタルズ分析とは株式投資をするにあたっての分析方法の1つです。

主に見る点は下記の2点です。
今の企業価値に対して今の株価は割安かどうか。
この企業は今後成長するかどうか。
以上の2点を分析してクリアすることで投資家は、「この会社の株価は今後企業価値に見合ったところまで上昇するだろう」と判断します。

ファンダメンタルズ分析において分析する点は主に3つです。
収益性
安定性
成長性
この3点をクリアできている企業は非常に将来有望と判断されます。

企業業績とは

企業業績とは主に「売上高」、「利益」の2つのことを指します。とくに株価の変動に関してはこの2点が最も大きく影響してきます。

企業業績は本決算や中間決算で株主に公開されます。もしここで良い業績を示すことができなければ株価もそれと同時に下がってしまう可能性が高くなります。
お分かりだとは思いますが、株価が下がると資金調達に支障がでるということになります。

経営において大きな変更点や業績見通し修正がある場合「上方修正(業績が良くなるであろう場合に)」「下方修正(業績が悪くなるであろう場合に)」という形で報告されます。

いずれにしても企業業績とはその企業の存在価値を示すためのものといっても過言ではありません。

EPSとは

EPSとは「1株当たりの価値」を示す指標となります。
【計算式】は
当期純利益÷発行済み株式数 
EPSを知ることによって今後の企業の成長度合いを予想することができます。
EPSはもちろん高い方が良いのですが、EPSが上がる要素としては2点です。

スポンサーリンク

・企業の純利益が上がる。
・発行している株式数が低下する。

とても単純なことで業績が良ければ純利益が上がります。
発行している株式数が減れば市場に出ている1株あたりの価値が上がります。
この場合、自社株買いが発生することも多いです。

基本的にEPSが高い企業は「しっかりしている企業」である可能性が非常に高いです。

以上の視点で見ると良いでしょう。

ROAとは

ROAとは「会社の総資産をいかに効率的に使って利益を上げているか」を見る指標となります。例えばですが下記の場合、ROIが高いのは後者となります。
例えば、
・1,000万円で10万円の利益
・1,000万円で100万円の利益

当然と言えば当然です。1,000万円で100万円の利益を出している会社の方が

収益性が高いと言えます。

ROAの計算式】は
純利益÷総資産
よくテレビなどで紹介されている会社や噂で聞く稼いでいる会社なども、意外とROAが低かったりします。
このようにROAは企業がうまく稼働しているかどうかを判断するにあたって大変重要な指標となります。
よろしかったらポチッと押して頂けたら幸いです。

にほんブログ村 株ブログ 株日記へ
にほんブログ村

サラリーマン投資家ランキング

スポンサーリンク

-知っておきたい株式用語


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

株式投資をするなら株式用語を少しずつ学ぶ、企業分析に関する用語続編

前回はファンダメンタルズ分析や企業業績などを学びましたが、今回は営業利益率やROE・PER・PBRの計算式などを学んでいきましょう。これだけ知っとけば感覚や好き嫌いで株に投資するだけではなく、購入する …

過去の投資バブルを認識してこれからの投資リスクを回避しよう

17年11月11日現在日経平均株価は22681円台となっております25000円台を目指す方向になってきております。今後、株価暴落の恐れもあると思います。過去にどのようなバブルがあったかを再認識する必要 …

株式投資をするなら株式用語を少しずつ学ぶ、株式会社編

株式会社という言葉はほとんど毎日のように使われていますが、意外と社会人でも意味をしっかり理解している人は少なかったりします。なんとなくはわかっていても説明してと言われたらどうでしょう。これはビジネスマ …

株式投資をするなら株式用語を少しずつ学ぶ。 

株投資をされてる方や既にされてる方も基本用語を学びましょう。少しでも長く市場にいてリスクを回避しましょう。 スポンサーリンク 関連

株式投資をするなら株式用語を少しずつ学ぶ、株の種類編

株を始めるにあたって知っておかなければいけない用語は多々ありますが、その中でも最低限知っておくべき用語をまとめみました。これらの用語を把握することができればより一層考えの幅が広がるかと思います。少しで …